資格と転職の関係

転職となると、決まって気になるのが、資格ではないでしょうか?
就業に有利に働くのか否かということが、焦点になるでしょう。
では、本当に、資格があると転職に有利になるのでしょうか?

結論から言えば、そういうことはないようです。
たとえば、求人票などで、ある資格が絶対条件であれば、その資格がなければ、応募もできないでしょう。
医師募集であるのに、医師免許もなければ、応募もできず、当然就業の見込みもありません。
しかし、これは、応募条件であり、必ず就業が約束されている訳ではありません。
医師免許は、国家資格であり、早くから対処しておかなければ、取得も難しいものです。
弁護士資格などと同じように、業務独占資格となっているため、確かにそれなりのステータスがあるでしょう。
けれども、応募条件であり、就業希望先が必ず雇用するとは限らないことは。
業務独占資格であっても、同様です。
したがって、業務独占のようではない資格であれば、なおさら、求人条件などとも関係ないため、就業が保証される訳ではないでしょう。

そうは言っても、転職であれば。
業種や職種を変更する人も多いことかと思います。
経験したものに近接しているものであれば、変更しても、それ程問題はないかもしれません。
しかし、未経験職種であれば、企業などにおいても、不安が先立ってしまうことは否めないことでしょう。
そういう時に資格があると、少なくとも知識は有している、と判断される可能性があります。
もちろん、自己アピールにも利用できます。
結局、資格取得とは、絶対的なものではなく、相対的なものと言えるでしょう。

便利な求人の情報サイト

お気に入りに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2017履歴書から面接まで★就職活動を早期に決着させるテク.All rights reserved.