退職願の時期

ビジネスの世界では、習慣のようなものがあります。
法律上でも、商習慣として認められているものがありますが、そこまでいかなくても、慣習というものがあることは、お分かりいただけることでしょう。
では、転職においても、そういう慣習のようなものがあるのでしょうか?

まず、ある企業に勤め、気に入った求人を見つけたとします。
最初は、それほど本気でもなかったのですが、とんとん拍子に事が進み、面接でも問題がなく、内定が出てしまったとします。
新しい職場に勤めたいのですが、現在の職場に退職願いを出す必要があります。
一体、何時頃にすれば良いのでしょうか?
慣習的には、退職日の一か月前が望ましいようです。
これは、引継ぎなどの問題があり、一か月あれば、十分可能となっているからです。
また、企業においても、慣習的な期間設定があり、短いものでは一日、次に一週間、一か月となります。
切の良さを求めるのが、企業のスケジュール作成の習慣的なことのようです。
したがって、種々のことを踏まえれば、退職日の一か月前というのは、的確な時期かもしれません。

なにより、労働基準法では、解雇の一か月前通告というものがあり、解雇をするのであれば、解雇予定日の一か月前に行うか、あるいは、それができなければ、一か月分の給与を支払うとあります。
これが退職にまで援用されたのか、あるいは、習慣が法文化したのかはわかりませんが、一か月という期間は、暦からしても、確かに切の良いことであるのは、確かなことかもしれません。
お気に入りに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2017履歴書から面接まで★就職活動を早期に決着させるテク.All rights reserved.