雇用契約を見る

就業するためには、企業と雇用関係を結びようになります。
それは、雇用契約ともなり、どのような状態で雇われるかを意味します。
雇用形態には、種々のものがありますが、転職求人を探す場合などでも、きちんと確認する必要があります。
では、どのような雇用形態があるのでしょうか?

まず、正規雇用があります。
これは、正社員雇用を意味し、長期雇用が前提で、なおかつ、定年退職まで働くことが可能な雇用形態とも言えます。
次に、非正規雇用になります。
これは、正社員雇用ではないものすべてともなり、いくつかのものがあります。
その一つに、契約社員があります。
これは、契約期間のみ、正社員と同様な雇用であり、通常、年単位での契約期間となっています。
次に、派遣社員になります。
これは、派遣会社から派遣される雇用であり、契約社員のように期間が決まっています。
通常、長期であれば、三か月以上の契約となります。
最後に、パートおよびアルバイトがあります。
これは、臨時雇用でもあり、フルタイムでなく、パートタイム労働が基本となっています。

以上が主な雇用契約となっていますが、派遣社員のみ、正社員や契約社員、あるいは、パートおよびアルバイトと異なった面があります。
つまり、派遣社員の場合、雇用先と就業先が異なり、雇用先が派遣会社、就業先が実際の職場となっています。
その他の雇用形態においては、基本的に、雇用先と就業先が同じであり、派遣社員ように異なることはないようです。
お気に入りに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2017履歴書から面接まで★就職活動を早期に決着させるテク.All rights reserved.